結婚準備にかかせない婚姻届

結婚式の前に婚姻届を出す人、結婚式がおわってから届ける人、スタイルは様々です。

結婚式はいろいろな準備に慌ただしく時間が流れ、目に見えるイベントですが、婚姻届の提出は、印鑑を押して持っていくだけというシンプルなものです。役所に行き用紙に必要事項を記入しただけの簡単な作業となります。印鑑を押して持っていくだけというシンプルなものです。
結婚式が終わって一息ついた時に、まだ届け出をさしていなかった。。と1番大事な事に気付くカップルもいます。
この手続きをすませなければ、結婚式を終えても法的に夫婦とは認められません。

用紙は複数枚もらっておいた方がいいでしょう。婚姻届用紙は役所の戸籍係に用意されてあり、用紙と記入例などの説明書があるのでそれも一緒に受け取ってください。

用紙には著名・捺印が必要です。夫と妻、保証人2人の計4名の記入欄があります。

記入漏れが一つでもあると受理してもらえません。法的なことなので記入欄はきちんと見直しをしてください。届け出る役所によって用意する枚数が異なることがありますが、婚姻届のほかに、戸籍謄本も必要になります。事前に確認してください。

戸籍謄本はどこでもいい訳ではなく、本籍地の役所に申請しなければなりません。遠方の場合、取り寄せに時間がかかることがあるので、事前に電話などで直接聞いて見てくださいね。

婚姻届については、全国どこの役所に提出してもよいことになってます。一般的には現在住んでいるところや本拠地に届出するのが多いでしょう。

また、時間帯は24時間いつでも受理されます。
挙式を終え、旅行からもどってきてから入籍というパターンが多く、婚姻届を出すタイミングは特に決まっていません。

さまざまな事情により、挙式の数ヶ月前や数ヵ月後に入籍というケースもあり二人の記念日に提出したり、日取りがいい日を選ぶことも少なくないようです。

ところで、挙式をした日、入籍した日、結婚記念日とはどちらになるのでしょうか。思い出に残る時間を過ごした挙式日にする人もいますし、その意味合いは人それぞれですね。

結婚相談所について

結婚相談所とは結婚を前提とした男女の出会いから結婚までを総合的に行う結婚情報サービスのひとつです。従業員1〜2名の昔ながらの仲人連合会のような個人業者から、会員数数千名の会社まで、規模をいろいろとあります。

こうした結婚相談所では、一人一人に専属のアドバイザーが付くことが最大のメリットです。真剣に結婚を考えている方にとって成婚させることを目的としたマンツーマンサポートをしてくれることはとても心強いことです。

メリットの次に、結婚相談所を利用する場合のデメリットは、担当者が過度に口をはさんでくるということもあるということです。これは親身なって本当に合う人を紹介したいという熱意の表れでしょうが、ドライな人間関係に慣れている最近の若い人には苦手な方もあるでしょう。

利用料金を比較してみると、一般の結婚情報会社は入会時に10万〜40万その他オプションは加算。結婚相談所は入会時には数万円〜無料で、お見合い料は1回1万円程度です。成婚料が数十万、高額の結納金の場合は1割と言う具合に成功報酬型となっているものがありますので、資料など取り寄せて検討して下さい。

結婚式の引き出物について

結婚式の引き出物は、二人にとっての初めての贈り物です。結婚式の締めくくりに、参加していただいた方々への感謝を込めて、喜ばれる引出物を選びたいものです。最近はカタログギフトを引き出物にされる方も増えています。

引き出物の金額の目安は、飲食費の3分の1から半額程度といわれています。地域によっては記念品1品にするところもあれば、引き菓子や折詰めを添えたりと地域のしきたりに倣わなければならない場合もあります。そこは結婚式の担当者などに聞いておくのがいいでしょう。

昔は、縁起を担いで鰹節や鶴、亀、梅などをかたどった大きな和菓子を贈っていたのですが、近頃は実用的でかさばらないものの方が好まれるようです。仲が割れると敬遠されていた陶器やガラス製品もよく引き出物に選ばれるようになりました。

そんな気持ちで選んだ品が、先様にも気に入っていただけたら、きっとその喜びは悩んで考え込んで選んだとき以上に、とても大きなものとなるはずです。現在でも、刃物を忌み嫌うところもありますので、注意しましょう。

結婚はしっかりとプランを立てて準備しましょう。

結婚の意思を互いに確かめあって、結婚が決まったら、二人の新しい生活をスタートさせるために、さまざまなことを二人で話し合あって、計画を立てていく必要があります。結婚にかかる費用として、結婚式、披露宴、新婚旅行にかかる資金、新居や生活用品の資金、仲人さんへのお礼や祝儀、内祝いの費用、さらには新生活スタート時のための蓄えも必要になってきます。

最大のイベントである、結婚式・披露宴にはどのくらいの費用がかかるのかというと、平均300万円〜400万円くらいだといわれています。地域によって格差があるようですが、結婚準備にはかなりの努力が必要なようです。結婚式にどれくらい使える資金があるのか予算を決めて、その予算内ですむよう見積もりをチェックすることも必要でしょう。

結婚式の次にかかる費用として、新生活スタートのための新居引越し費用、家具や家庭用品の購入費を準備しなければいけません。また、その他の雑費、当面の間の生活費のストックもあったほうがいいでしょう。新居引越し費用は、やはり、地域によって違いがあるので、自分たちが新居を構える地域の下調べをしておくと準備もしやすいのではないでしょうか。

どのくらいの資金が結婚するために必要なのかということが分かったら、どの部分にどのくらい使うのかというのも大切なことです。結婚までには、かなりの大金が必要です。ですが、その後の生活のことも考えなければいけません。結婚までに貯金を全部使ってしまっては、その後の生活が大変になってしまうからです。そういったことからも、結婚までにしっかりとプランを立てて準備を進めていく必要があるのです。

結婚相談所に関するコラム

結婚相談所とは!?

著 者: 青銀杏


結婚相談所とは、結婚したいけれど異性と出会う機会が少ない、希望するような相手と巡り合えない、など結婚出来ない独身の成人男女の為に、相手探しの情報や機会を提供したり、相談に乗ったりする所です。従業員1-2名の個人業者から、会員数数千名の会社まで、大小の相談所が全国で数多く存在します。


日本では、1970年頃に結婚相談所が誕生しました。結婚相談所の具体的な内容としては、相手の紹介、出会いの場を設けるパーティーの開催、インターネット上での相手の紹介、アドバイザーによるサポートなどが挙げられます。

結婚情報サービスが独身男女の「出会い」にのみ重きを置いているのに対し、結婚相談所は、「出会い」だけでなく、会員に結婚してもらうことに重きを置いている場合が多く、それゆえ成果報酬型(成婚料)を採用している会社が多いようです。最近では、お見合いやお付き合いもさまざまなニーズがあり、専属のカウンセラーがつき、結婚まできめ細かなアドバイスやフォローが受けられる結婚相談所に人気があつまりつつあります。

結婚相談所では、プライバシーの保護に関しても、徹底した配慮がなされているので、外部に漏れる心配がなく安心して登録していただけます。

現在、結婚相談所は全国各地に多数あります。その中から、自分の希望や条件に合った結婚相談所を探すことが大切です。




******************************************************
結婚相談と結婚式
http://happy7marriage.blog77.fc2.com/

original article
http://happy7marriage.blog77.fc2.com/blog-entry-1.html
******************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/




結婚相談所選択の条件1

著 者: 青銀杏


 結婚相談所とは、以前の記事「結婚相談所とは!?」に書いたように、結婚したいけれど異性と出会う機会が少ない、希望するような相手と巡り合えない、など結婚出来ない独身の成人男女の為に、相手探しの情報や機会を提供したり、相談に乗ったりする所です。結婚を希望する方が良い結婚相談所を選択するための条件について考えました。


 結婚相談所を選ぶときに、創業が古く、会員の数が多く、全国に多くの支店数を持っているところ、出来れば上場企業しているような会社を選ぶというのも、大手ならでの安心感も得られ、結婚相談所を選択するひとつの条件でしょう。


 しかし、良い結婚相談所を選ぶためには、次のような条件を満たしているかも考えるべきだと思います。


1.パーティやイベントなどの出会いの機会をより多くご提供してくれる。
2.理想のパートナーを紹介してくれる独自の方法を持っている。
3.会員のプロフィール掲載、イベント案内などが掲載された、結婚相談情報誌を発行している。


 特に、結婚相談所では、会員情報誌を元に、お相手を見つけ結婚へと発展させていくことが多いようですので、充実した会員情報誌をきちんと発行しているかどうかチェックした方が良いでしょう。




*******************************************************
結婚相談と結婚式
http://happy7marriage.blog77.fc2.com/

original article
http://happy7marriage.blog77.fc2.com/blog-entry-15.html
*******************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/




結婚相談所選択の条件2

著 者: 青銀杏


 結婚を希望する方が良い結婚相談所を選択するための条件について考えました。女性の社会進出が目覚しく、自立した女性が増え、結婚できない独身男性が増えていると聞きます。そのため結婚相談所を利用する方も増えているようです。

 結婚相談所は、お金を払えば必ず結婚させてくれる場所じゃないという事を忘れてはいけません。あくまでも結婚のきっかけを作ってくれて、結婚のお手伝いをしてくれるところだという事です。

 結婚相談所を選ぶときに、創業が古く、会員の数が多く、全国に多くの支店数を持っているところ、出来れば上場企業しているような会社を選ぶというのも、大手ならでの安心感も得られ、結婚相談所を選択するひとつの条件でしょう。

 しかし、それ以外に、より理想の相手との出会いができるように希望条件をクリアしたパートナーリストから、いつでも好きなときに検索することができるサービスや、理想の相手が見つかるまで、何度でも出会いの場を提供してくれる細やかな気配りをしてくれる結婚相談所を選ぶのも良いと思います。

 このような質の高いサービスを提供してくれる結婚相談所をインターネットで、探すのもひとつの方法です。結婚は一生に一度のことですので(最近はそうでない方も増えているようですが)、時間を惜しまずじっくり探してみてはいかがでしょうか。


*******************************************************
結婚相談と結婚式
http://happy7marriage.blog77.fc2.com/

original article
http://happy7marriage.blog77.fc2.com/blog-entry-36.html
*******************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。